現在のページ : トップページ

医療訴訟ための弁護士

医療訴訟は、弁護士の仕事の中でも専門的で、特殊な分野であり、弁護活動を患者側に立って行うことは難しいと認識されているそうです。
というのは、最大の医療訴訟のポイントである医療ミスを立証・主張するには、やはり、医学的な常識・知識が必要ですが、弁護士自らが、専門化、高度化した知識を、別の仕事の合間に勉強し、マスターするのは簡単なことではないからです。
さらに、別の医師に専門的な立場から証言や意見を聞くことも、封建的な医師の間の意識に邪魔されて簡単なことではありません。
また、医療ミスは、密室である病室や診察室などにおいて起きる場合がほとんどであるため、その経過と事実を患者側が検証するためには、医療訴訟の相手側の病院側が作った診療録等に頼る必要があるのです。
しかも、診療録等を証拠保全手続で保全して、手に入れた場合でも、確実にこのような事実が書かれているとは限りません。

医療訴訟は、このようなことから一般の別の民事事件と比べて事件が解決するまでにより時間が長くかかり、弁護士に求められる負担も非常に大きく、さらに被害者である患者側が勝つ率が一般の別の民事事件と比べて高くなかったため、敬遠されがちになっているということも事実です。
このような特殊な医療訴訟ことを考慮して、選択するのはどのような弁護士がいいのか検討するようにしましょう。

本サイトでは、早く弁護士に相談する、医療訴訟の電話相談、法的サービスの充実、についてご紹介します。


○特選サイト
B型肝炎の医療訴訟を専門的に行っている弁護士事務所のサイトです・・・B型肝炎 弁護士